健康の敵、Ⅱ型糖尿病の発症と予防

Ⅱ型糖尿病は万病の元とされます。
心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが健常者に比べて圧倒的に高くなる上に合併症を引き起こす病気でもあります。
厚生労働省のしらべによると日本国内で糖尿病の疑いのある人は約890万人いるとされています。
強く糖尿病を疑われる人と糖尿病の可能性を否定できない人を合わせると2,210万人いる事が分かっていますが、強く糖尿病を疑われる人たちの約4割が治療を受けたことのない人たちです。
糖尿病が原因で無くなる人は年間で約1万4000人おります。
糖尿病は他の病気と違って痛みなどの自覚症状が出にくい為、血液検査などの結果で糖尿病が疑われても、そのまま治療を受けない人が多いのです。
糖尿病を放っておくと合併症を発症します。
視覚障害、肝臓障害、心筋梗塞や脳梗塞を発症されるほか、皮膚炎や手足のしびれや壊疽などです。
糖尿病の検査は普段の血糖値、朝食を取る前の血糖値、食後の血糖値の3つのどれかに異常が出るかどうかを調べます。
一つでも異常が出た場合は再検査となり、そこでまた異常が出れば糖尿病と診断が付くのです。
Ⅱ型糖尿病の発症を防ぐ為には肥満を防ぐことが最大のポイントです。
食事と運動のバランスを取って健康に努めることが大切です。
またこの肥満を計るスケールとして有効なのがBMIです。
BMIが25を越えると肥満とされているので年に一回の健康診断だけでなく、日頃使っている体重計をBMI測定の出来る物に替えるだけで自分の健康状態の一部を知る事が出来るほかセルフコントロールもしやすくなるので病気予防の効果が期待出来ます。
食事だけでなく適度な運動することが必要な理由は基礎代謝量を上げることにあります。
基礎代謝とは生命維持に使う、何もしていなくても消費するエネルギー量のことです。
運動をすることにより基礎代謝量が上がることで、同じ食事をとってもエネルギーとして使う分が増えるので脂肪として体に蓄える量が減り、肥満になりにくい体を作ることが出来るのです。

Comments are closed

Ringbinder theme by Themocracy